山羊に憧れたヒツジ

なんかもっと、日常を楽しんだらいいじゃん。

泥のフェスにいってみた

【Mud land fesに行ってきた】【泥のプール、飛び込んでみたくない?】 先週の日曜日、昨年から誘われて気になっていた『Mud land Fes』にいってきました! ニンジン食べたり、のんびりしたり、最高のリフレッシュになりました……! ⚠️【Mud land Festival #…

やりたいこと、やっとけ

【夢中になれるものが見つかれば、人は生きていて救われる。】 私が日頃伝えてることが、篠田桃紅さんの著書『103歳になってわかったこと』に書いてありました。 頭で納得しよう、割りきろうとするのは思い上がり。 本当にその通りで、かつての私も割りきろ…

デザイナー目指します

【最近思ってること】【デザイナー目指します】 結論。デザイナーになろう。 就職活動を初めてからそろそろ4ヵ月がたとうとしています。いつ終わるかな~。早く終わらせたいな~。 さて、これまでもたくさん自己分析をしてきた私ですがそれとは比にならない…

ヨルダンに行ってみた

【中東のヨルダンに行ったハナシ】 すごく今さらの話なんだけど、1年とちょっと前に、難民に会いたくてヨルダンを訪れました。 □■「ヨルダンってどこ?」 アフリカだっけって訊かれたりしたけど、ヨルダンは中東の国です。シリアの下で、イスラエルやイラク…

綺麗事で見えなくなる。

ついついさ、綺麗事を並べたくなっちゃうよね。 私はすごく弱いから綺麗事で理由を型どって、「だからこうやって生きてる」って自分自身に言い訳をしたくなる。 だけど自分の本音を腹の奥底から引きずり出したときに得られるものってとても大きい。 それがク…

倍率 1000倍

【2万人のうち、たった20人】【倍率、1000倍】 さて、なんの数字だと思いますか? かの人気な早稲田大学の人気な学部でさえ倍率30倍とかなのに(それでも十分すごい…)倍率1000倍て、わけわかんないですよね。 実はこれは、《2017年に日本で認定された難民の数…

森のくまさんのはなし。

クマさんは賢い。 下の画像は、Twitterより引用です。(@p6trf_w さんのツイートより) 野生動物に関する理解のある人が増えて、不必要に傷つけられるクマさんが1匹でも減りますように。 それにしても、絵がうまい。 読みやすい、すごい。

黒い住人。

こんな夜には、 少し心がザワザワする夜には、 なんで生きてるんだろうとか、 生きたくないとか、 誰も信じられないとか、 行動出来てないと、 不安なことがあると、 ネガティブな感情が ここぞとばかりに私を乗っ取ろうとする。 私の心の奥の方に住み着いて…

空間づくり

『空間づくり』と言うと、よく「インテリア?」と聞かれます。 たしかに、内装も大切。 だけれど、そこにいる人の服装とか、誰がいるのか、どんな気分の人がいるのか、出てくる食べ物、そこに使われる食器とか、照明の明るさ、BGM、外の天気、その1つ1つが…

ゴミマンチュリアン

ゴミマンチュリアンが正解なのか、 モミマンチュリアンが正解なのかという議論に 決着をつけないまんま、 日本という国に帰ってきてしまいましたが、 私は、前者が正解だと思っています。 なんの呪文?と思ったでしょうが、 それの正体はなんと、カリフラワ…

幸せなんて、そんなもん

たまらなく、 いとおしいものが多すぎる。 例えば昨日。 朝から大好きな友人と ピクニックするための ランチのパンやスープを買うために お店をめぐって、 なんか、 ふつうにお店にはいるより 買っちゃって、 ちょっとリッチな クロワッサンを買っちゃったり…

白黒つけられるように育った私たち

「白黒つけるように育てられたけど…」 価値観の違いで相手を否定してしまうのは無知と、育った環境によるものだと思う。 肩書きの前に、1人の人として対話をすればお互いのことを理解しあえば必ずわかりあえる、と私は思います。 昨日、今まで「苦手かも…」…

縛られたくない人ほど縛られてない?

私の周りのフリーランスや起業志望の人のなかには、 「就活がしたくない」という人がいます。 彼らの言い分だと、社会のレールにのって流されるのが嫌なのだ、と。 この間も、スキルや信頼がまだないのはわかっているけれど、バイトで稼ぐのは嫌なのだ、面白…

どんな生き方、する?

【どんな生き方、する?】【ぽつんと一軒家見てました】 ご飯食べながら、久しぶりにのんびりテレビを。たまたま両親が見ていた「ぽつんと一軒家」ってやつ。 ぽつんと一軒家、は私は寂しくなっちゃうけれど、 山とかで暮らしたいなあ、そういう選択もありや…

中吊り広告

[電車で思ったことをただ綴ってみた] 電車の中の中吊り広告、skytree DISCOの文字を見て、ふと7年前のイギリスを思い出した。 いかにもdisco慣れしてなくてリュックもパーカーも持ってきちゃって浮きまくってるJapanese girl感のある、 当時の私。 回りはほ…

理由探し

私はいつも、理由を求めていたのだなぁ。 そんなことを感じる、深夜3時。 理由は『好きだから』 って、そんなシンプルなもので良いのに 大義名分を求めてはがんじがらめになっていた。 けど、ただ『好き』『やりたい』に、将来を委ねていい時代になってきて…

スタートライン

【私にとっての2017】 昨年はどんな年だったのか。 私にとっての2017年は、【やっとスタート地点に立った年】でした。 2016年の12月か2017年の1月かそこらへんでようやく、「海外には住みたくない自分」を見出してあげることができました。 私の掲げていた夢…

happyになるための知恵

宗教に対する偏見が多い日本。 とってももったいないなぁ、 と思ったので 4年間宗教を勉強してきた私の考えを バーーーーーって書いてみました。 長いけど、ぜひ暇な時に一読ください ***************** 多くの日本人は、 「宗教」という言葉を嫌う。 それを…

夢も、勇気も、

ある友人の心の広さに、 自分の器の小ささに、 泣いてしまった帰り道。 むかつくけど、 私のなりたかった姿を 具現化したような、 尊敬と憧れの存在の、彼。 どうしたら彼のような 本質的な行動ができるのだろう。 ほんとうにむかつく。 むかつくのは、悔し…

ゆらり、ゆらりと帰り道。

ゆらりゆらりと揺らされすぎて、 ひとつ先の駅で目を覚ます。 (また、やっちゃった…) けれど今日はその行為に あまり後悔をしていない。 どこか清々しいような気持ち。 コンビニエンスストアで アイスバーを買って、 軽やかな足取りで家路についた。 ちら、…

手の中の残り2%

「あ、あと2%」 まみっこあるある、のひとつです。 すぐにスマホの電源が切れる。 SNSが好きなのと、 そもそもスマホが古いくて すぐに電池が減ってしまいます。 そこで、残り2%で急いで 電源カフェを検索。 文字の羅列の中にあった 「森の図書室」 その名…

子供とかかわる

「子供から学べること」って なにがあるんだろう?と思ってた私。 KIDNESS ( https://www.facebook.com/Kidness.edison/ )の活動を始めてみて最近感じているのは 「子供の発想がおもしろい!」 というより、 子供も大人もおもしろい発想ができるのに 大人は…

コアラの鼻

ところで、コアラの鼻って不思議。 by the way, the koara's nose is strange! 我ながら、わけわからないツイート。 けれど、こういうわけのわからない ささいなことに気づくって、 とってもとっても面白いです。 自分のツイートなのに、 「たしかに!コアラ…

お金で幸せを買う。

「お金で幸せが買える」 というのは、 お話の中の性格の悪い貴族や王様の、 台詞なのかもしれません。 けれど、私は実際にそう思います。 *** 「お金で幸せは買える」 *** 今日は朝から贅沢をしました。 と、いうのも、今日は入っている団体の 活動(勉強会み…

やし酒飲み

『やし酒飲み』 とは、小説のタイトルです。 アフリカ文学の最高傑作。 日本人的な感覚で読むと、 わけわからん!ってなります。 固定概念覆されます。 とてもオススメなので読んでみてください。 ってだけ。 ネタバレはしたくないので、 何も言いません。 …

躓いたら、思いに立ち返る。

最近の私は、 自分のすすむ方向に迷走してて、 前に進まないどころから、 足踏みしていたのかすらわからない、 そんな日々が続いていました。 自己理念【日常にキラキラを】 ひどく抽象的な理念ですが、 私はずっと、『日常』を キーワードにしてきました。 …

瞼に焼かれて、

〖 今の気持ち 〗 泣くと、心が洗われる。 泣いた後に繰り出した街は、1日降り続いた雨が止んでいて、少し肌寒くて心地よくて、 「私も空も泣き止んだばっかりだ」ってなんか微笑ましくなった。 綺麗な写真や上手い写真を見ると、思い通りにいかない自分のそ…

i remember you

ぽっかり。 今日は、 その穴はどこかへ消えてしまっている。 かくれんぼのつもりなのかい? 馬鹿馬鹿しいから出ておいで。 ぽっかり。 その言葉を以前も綴ったけれど、 また綴らせてください。 このあいだ、 久しぶりにライブ仲間の1人に会った。 1年以上、…

感情と理想や思想のギャップ

『途上国の人たちに何かしたい』 けれど、 具体的な行動が出来ず 具体的な解決策が出る前に 私の中にじわじわと広がる、 『海外に対する恐怖心』 『現地で働きたくない』 今までの経験から思うのは、 きっと私にとって、 海外で生活するというのは パニック…

私の夏休み。

「君は飛行機に乗れないよ」 地球の裏側、メキシコシティの空港。 その一言から始まった、8月。 【 私の夏休み☀ 】 自分の確認ミスで帰国できず 空港にいた日本人に助けてもらい どうにか翌日には 別の便を買い直して カナダで空港泊を経験してから帰国し、 …