読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とうめいなうた。

みんながはっぴーな世界を愚直に夢見て、今日も生きてます。

mame hico

カフェマメヒコ、

知っている人は多いと思います。

 

ずっと行ってみたくて、

とうとう足を運んでみました。

 

酸味がなくて飲みやすい、

深煎れの珈琲と、

酸味をやわらかな生クリームが包み込む、

瀬戸田檸檬ケーキ。

 

暖かい光が照らし出す、店内と、

そこに流れる音楽。


f:id:lifecatmami:20170421131752j:image

 

とても、素敵なお店でした。

 

こういう時、ほんとうに幸せで、

「このままでいいなあ」

「こうやってずっと生きていきたいなあ」

って思う

 

けれど、

 

それはきっと、

今の私が、学生という

人生の夏休みと言われているような身分で、

年齢的には自分に責任は出てきたと言えど、

まだ親の脛をかじり、

親や学生という立場に守られていて、

 

心に余裕を持つことが

 

容易いからなのだ

 

とも、思う。

 

穏やかな海にいるだけじゃなくて、

どんな荒波に揉まれても、

心の余裕と、

 

小さな幸せを持ち続けていきたい。

 

そういう大人になりたい。

 

大好きだった人たちが、

大人になって、社会人になって、

「あの時は若かったから」

「今は無理だなあ」

「しょうがないよ」

そんなつまらない言葉で、

完結させて、

 

あの時の彼らに溢れんばかりに 

つまってたキラキラが、

 

小さな瓶に押し込まれて、

心の奥底で少しずつ埃をかぶっていく。

 

それはとても、

とても悲しいことだし、

今、まだ私は社会の厳しさも

なんにも知らないから

綺麗事並べられるのかもしれないけど、

 

綺麗事を現実にすれば、

それは綺麗事なんかじゃない、し、

 

そんなに追い込まれなくても、

自分を追い込まなくても、

案外生きていける。

人生は、なるようになるし、

前向きな気持ちで進んでれば、

いつかは良い方向に転ぶ、

かもしれないし、

 

ころばなくても、

勝手に良い方向にとらえちゃえばいいじゃん。

 

辛いことだって

そりゃあ、いっぱいあるけれど、

 

とりあえず今は、

珈琲の香りに癒されときましょう。

 

幸せだなあ。