とうめいなうた。

日常をキラキラに。みんながはっぴーな世界を愚直に夢見て、今日も生きてます。

ゆらり、ゆらりと帰り道。

ゆらりゆらりと揺らされすぎて、

ひとつ先の駅で目を覚ます。

 

(また、やっちゃった…)

 

けれど今日はその行為に

あまり後悔をしていない。

どこか清々しいような気持ち。

 

コンビニエンスストア

アイスバーを買って、

軽やかな足取りで家路についた。

 

ちら、ほら、

 

寝過ごし仲間を横目に見ながら

 

冷たい帰り道の冷たいアイスは

とても最高だと思うのに

共感をしてくれる人は

指折りで数えられてしまう。

 

***

 

耳から流れる音楽に

踊りたいような気持ち。

 

ため息から、歌詞が零れる。

 

手の甲を、頬を、耳朶を、

ひんやりとした風が撫でていく。

ほぉっと息を吐くと、

白く染まって消えた。

 

鼻から息を吸うを、

静かに冷たい空気が

通っていくのがわかる。

 

公園の奥を、

静かに無人の電車が滑っていくのが、

美しい、と感じた。

 

そして目を天に向けると、

群青色の空が世界を包んでて、

足元では街灯に翻弄された影が

追い抜いては追いかけてくる。

 

…まるで、遊んでるみたい。

 

***

 

街灯の下で立ち止まり、

目を瞑ると、

暗闇と静寂に包まれ

私しかいない世界。

 

…ではない。

 

寂しがり屋の音たちが

私にいたずらに声をかけては、

孤独を邪魔しに来る。

 

通りかかった川のそばに腰掛け

流水の音に身を任せると

不思議で偉大な何かに

包まれているかのような気持ち。

 

きっとこれは、

日本人が古来から崇める[神]とかいう、

それかもしれない。

 

ふと、洪水が襲いかかってくる音に

慌てて目を開けると、

通り過ぎていくタクシー。

タクシーの走る音がこんなにも

恐ろしい音に聞こえるとは

思いもしなかった。 

 

深夜の、新しい発見。

 

発見は、たのしい。

 

補修でもしているのか、

小さい頃からあるマンションが

足組に覆われ、なんとも

現代アートみたいになってたり、

 

少し歩くと目の前には

陽気なおばちゃんやお兄さん。

少し先の居酒屋から出てきたようで

黄色いタクシーに

別の兄ちゃんを詰め込んでる。

 

「もう1回戻ってきてちょうだい」

「全然いいですよ」

 

とりとめもない、

けれどどこかほっこりする会話を

タクシーの運転手と交わしている。

 

開けっぱなしの引き戸から

お店の中を覗き込むと、

まだまだ5,6人のお客さん。

 

常連さんかな、

 

カウンターしかなくて

少し小汚い店内。

おしくらまんじゅうのような

押し込まれたイスたち。

 

そのまんま店内に

吸い寄せられたくなってしまうのを

後ろ髪引かれる思いで通り過ぎ、

(今度来よう)と決心。

 

いつか私も大きくなったら

どこかの小さな居酒屋の常連になって

カウンターで店主や客と

笑い合うのだ、と思う。

 

***

 

落ち葉は風にたたき起こされて

妖精のように走ってく。

 

なびく木々は、

やはり少し恐ろしく厳か。

自然は、本当に尊大。

 

恐ろしくて、美しくて、尊大。

 

そして、そう感じられる私は

幸せだなあ、と思う。

五感で、生きることを感じれている。

それはとても尊いこと。

 

***

 

そうしているうちに、家に着く。

 

そんなある日の、帰り道。