とうめいなうた。

日常をキラキラに。みんながはっぴーな世界を愚直に夢見て、今日も生きてます。

黒い住人。

こんな夜には、

少し心がザワザワする夜には、

 

なんで生きてるんだろうとか、

生きたくないとか、

誰も信じられないとか、

 

行動出来てないと、

不安なことがあると、

ネガティブな感情が

ここぞとばかりに私を乗っ取ろうとする。

 

私の心の奥の方に住み着いて、

機会をうかがってるんだなぁ。

 

そんなときに出てくるのは、 

幼稚園のとき先生に

自分の考え方を理解してもらえなくて、

というか鼻から言い分きいてもらえなくて

「お友達に譲ってあげなさい」精神で、

頭ごなしに怒られて、

自分の存在を否定されたようで、

ひどく悲しくなって

「私なんていない方がいいのかな」

「私の考え方は変なのかな?」

ってはじめて感じた休み時間の記憶と、

 

小学校のとき本気で自殺を悩んだあの夜。

 

自殺を悩んで、

死に方は飛び降りることしか

思いつかなかったけど、

自分が死んだあとのことを考えた。

たぶん悲しんでくれる友達は1人いたし、

1人しかいなかったけど、

その代わり両親がきっと

たくさん泣くんだろうなって思った。

それを思ったら、私まで泣けてきて

 

全然支えてもらえないし、

頑張っても褒めてもくれないし、

冗談通じないし、めんどくさいし、

価値観違いすぎて少し苦手だけど、

本音だって言えないけど、

それでもやっぱり、 

 

それでもやっぱり、

私は愛されてるんだろうなぁって、

親のことを考えたら

死ねなくなるくらいには、

きちんと愛されてたんだなぁって感じた。

 

だから、今生きてる。

 

生きてる、けど、

 

やっぱり生きてるのはしんどい。

しんどいことの方が多い。

 

今まで恋人が出来たこととかないけど、

それってつまり

誰の特別にもなれてなくて、

極端な話、友達が私と恋人の

二者択一を迫られたら

きっとみんな離れていく。

 

最後は結局1人ぼっち。

 

だからなんだっていうんだって

思うけれど、

そんな些細なことが私を

とても不安にさせる。

 

そんなことにばかり不安になって、

私自身がきちんと人を愛せてないから

結局誰も愛してはくれない。

 

愛してもらえる人は、

愛せる人で、

愛せる人はきっと、

愛してもらってきた人なんだろうな

って愚かな嫉妬をする。

 

けれどきっと私が死んでも

「ちょっと悲しい」って

一時的に誰かの胸を痛めて、

でも誰の生活も変えず、

 

そして生きててもきっと

誰にも必要とされず、

いたらいたで嬉しいけど位には

思われることはあっても、

結局、求められることは

必要とされることは、

ないんだろう、なぁって

 

小さい頃から

お母さんと対立するとお父さんに怒られて、

理屈を説明しても

「もしお母さんが間違ってたとしても

お父さんが一番愛してるのは

お母さんだから

そのお母さんに歯向かうのは許さない」

と誰も言い分なんて聞いてもらえなかった。

 

お父さんと意見が対立しても、

「お父さんが我が家のルールだから

意見を通すのは諦めなさい」

とお母さんにさとされて、

 

どんなにがんばっても

お兄ちゃんの次、だったし、

 

味方はずっとペットだけで、

 

私の声は誰にも届かなかった。

努力は、「当たり前」と流された。

 

そんな存在に意味なんてあるのかって、

この22年間、自問自答、

ずっと心の穴を埋めたくて、

いてもいなくても変わらなくて、

だからせめて生きてる意味をつくりたくて、

社会とかに良いことをしようって、

夢の理由に関してはそれだけじゃないけど、

 

けどせめて、

自分の存在をプラスにしたくて

 

だけどもし誰かにとっての

大切な存在になれていたとしても、

今の私はズタズタで

人の言葉なんて信じられないから

 

「どうせ私みたいな何もなくて

何もできなくて、すぐに頼りたがるし、

ネガティブでメンヘラで、

黒いドロドロとした生き物が

心の中に住み着いてる私なんか

誰も好きになるはずがないって、

どうせ嫌いになるんだ」

 

って

 

思いたくないけれど、

思ってしまう自分を

いつまでも追い出せなくて、

 

10年くらい追い出そうと必死に

ジタバタもがいてるはずなのに、

全く前に進めてなくて、

 

あの頃の爪を噛んで下ばかり見て

自分の殻に綴じ込もって漫画書いてた

幼い私となーんにも変わらなくて

 

誰も信じられないから、

 

それじゃあきっと

変われないし、変わらない。

生きるのが、ずっとしんどいだけ。

前に進みたいのになぁ。

 

頑張れって言われるけど

ほんとに、

何を頑張ればいいんだろうな。

 

それでも生きてかなきゃいけない、って 

ほんとに誰が決めたんだろか。

 

ただ自分のモットーとして、

生きるために食べるためと、

命を守るための自己防衛のため、

以外では命を奪わないって決めたから、

自分を殺すことはそのモットーに

反することになるし、

 

誰かを悲しませるのも

やはり自分の信念に反するから

今はまだ死ねないんだよ、

 

だって、せめて、

誰にも求められず、

誰にも認められずとも、

最低限自分自身には見切りをつけられず、

自分が納得できる自分でいたいじゃん。

そのプライドはきっと

捨てちゃいけないと思うから、

 

しんどい夜はとりあえず

現実から目を背けて寝ようと思います。

 

おやすみなさい。