とうめいなうた。

みんながはっぴーな世界を愚直に夢見て、今日も生きてます。

今、こんなことを

【今、こんなことをやりたい】

 

最近、思っていること。

【日常にキラキラやわくわくドキドキを見出せる人が増えてほしい。】

.

.

【なんで?】

 

私の周りに、日常を

退屈そうにしている社会人がたくさんいるから!

 

たしかに仕事は、

お金を稼ぐためにやってるかもしれない。

やりたいことを仕事に出来なかったのかもしれない。

 

私の周りに、土日にしか楽しみがない人がいるから。

キラキラを「非日常」の中にしか見出してない人が多くいるから。

 

たしかに、

ディズニーランドは楽しいし、

海外旅行はわくわくする。

 

 

けど、非日常にわくわくドキドキを見つけるだけじゃなくて、

日常に見出せるようになったら、

人生がもっと楽しくなると思いませんか?

 

「自分は幸せだ」って思える人も増えるんじゃないかな?

 

そのために

【日常に遊び心をちりばめたい!】

 

日常にキラキラやわくわくドキドキを見出せない人って

「仕事はやらなきゃいけないこと」

「楽しい、じゃお金は稼げない」「楽しい、は趣味」

そんな、固定観念をもってしまっているんじゃないかな?

 

私は、そう感じました。

 

つまり原因は、「思い込み」…?

 

 

なので、遊び心を日常にちりばめることで

ふとしたときに、それらに出会ったときに、

「こんな捉え方あるんだ」

「こんな発想あるんだ」「おもしろい」

 

「見方をひとつ変えるだけで、全然おもしろくなる!」

 

そう、感じてほしい。

そう、感じるきっかけをつくりたい。

 

私はそれを、シゴトに出来たらいいな、と思っています。

そのために、もっと具体的なカタチに

落とし込んでいきたいと思って、今動いています。

 

 

 

けれど今まで、国際系の勉強ばかりやってきて、

そういうジャンルには、

はっきりいって【疎い】です。

 

動いています、と言いました。

 

けれど、正直あまり動けてはいません。

何をしたらいいんだろう、

どういう環境に飛び込めばいいのだろう、

と、迷走しています。

 

なので、

「そういうことやってる団体・企業を知ってるよ」

「もしかしたら、これって近いかも」

「ヒントになるんじゃないかな」

「こういうものもあるから知ってほしい」

 

もし、そういうのがあったら

ばんばん紹介していただきたいし、

巻き込んでください。

おねがいします!!!!

 

 

「まみっこって今なにやってるんだろう」

と思ってる人、多くいると思いますが、

今私がやりたいと思ってるのは、こんなことです。

 

やりたいことをカタチにできるように

これからもたくさんジタバタしたいと思ってます。

 

 

そんな感じ。

思考、思想は

ひとつ前の記事で弱い自分を書いた。

 

けど、それをわざわざ発信するのは

ダサくて、甘えだと思い直した。

 

でもそれも自分のたどった思想なので

なかったことにするのも違う気がして、

発信するためではなく、

自分が振り返るために残すことにはした。

 

誰かが、

「弱さをさらけ出すのも勇気だ」と言った。

 

…本当に?

 

私はそうは思わない。

弱さのジャンルによるとも思うけど、

やはりそれは「甘え」だ。

そこに求められてるのは「同情」だ。

 

ただ、それはそれで構わないと思う。

 

私は「弱さをさらけ出す」ことを

否定したいわけじゃなくて、

「甘え」が良くないことだと

いつの間にか何者かに

思わされてたんだなって、ふと思って。

 

なんで甘えちゃいけないんだろう?

 

誰がそれを「良くない」こと

だと決めたのだろう。

 

ああ、自分の思考は、思想は、

見えない誰かに、

それは日本社会か教育か、

わからないけれど、

そうやって外的なもので

うまく操られて、洗脳されて、

構成されてるんだな、、、と。

 

それに抗うのは、

とても難しいことだし、

「良い」「悪い」に絶対的なものがない以上、

やはり人間が、誰かが決めた秤の上で

判断し決断し、

そして行動してかなきゃならない。

 

ただ、なんか鵜呑みにするのも悔しいし、

どこかもどかしい。

 

そう思ってみたり、

 

そんな夜中のつぶやき。

ヤギと羊。

クリープハイプの『バンド』が

頭から離れない今日このごろ。

 

さっき、ギターで弾いてたからですね。

 

この記事は、

ただただダサいんで、読まなくていいです。

自分が「この時こう思ってたんだなあ」

振り返るために残しとくけど、

 

ネガティブなきもちを発信して、

何になるんだ?と思い直しました。

 

自分の気持ちの整理もあるけれど、

「こういう自分なんだから理解して欲しい」

「だからこの時、

  こういう行動したのかってわかってほしい」

そんな甘えがあったのではないかな、

も思ってしまいました。

 

「バンド」の歌詞でこんなのがあります。

 

『愛してたのは、

   自分自信だけで馬鹿だな。

   だから愛されなくても、

   当たり前だな糞だな。』

 

ほんとうに。

 

大好きな人はたくさんいる、

つもりだけれど 

誰よりも大切なのは、

やはり自分なのかもしれない。

 

きっと愛してるのは自分だけで

そんな自分が傷つくのが怖い。

 

だからこそ、

人の意見ばかり気にしてしまう。

どう思われるかが嫌で

1歩が踏み出せない。

 

「図々しいと思われたら嫌だ」

「めんどくさいと思われたら嫌だ」

「幻滅もされたくない」

 

たとえば、友人の作ってるイベントに、

自分が生かすことの出来る最高の環境に、

「私はきっと

    お呼ばれじゃないのかもしれない」

「行ってうっとおしいと

    思われたらどうしよう」

 

それでまた、機会損失。

 

ほんとうに、ただただ

もったいない生き方をしてるし

小さなプライドなんて

かなぐり捨てたつもりでいたのに、

 

この自分の心を守ろうとしてる

小さな盾が

プライドと呼ばれるもの

なのかどうかもわからないけれど、

 

そんなものは早く捨ててしまうべき。

 

捨ててしまうべきだけど、

まだ言い訳を探してる。

 

違う、

傷つきたくないんじゃなくて、

やっぱり嫌われたくない。んだ。

そこにあるのは、懐疑。

 

人の目が、怖いし、信じきれない。

人間不信は治ってきたつもりでいたけど、

親ですら信じきれない。

 

こんな私のことを

心から好きになってくれる人なんて、

いないんだって、

私がヘマしたらすぐに離れてく、

すぐに私はまたひとりぼっちになる。

 

大好きな人に甘えて、

少しわがままを言ったら去ってしまった。

今になって、あれは自分が悪かったと

心から思うけれど、

まだ引きづっている。

 

でもその前から、

人を信用はしきってはなかった、

ような気がする。

なんで、信じられないんだろう。

何が、私をそうさせたのだろう。

 

「変わってるね」

「人と違う」

 

そんな言葉を多く投げかけられたから

それは「個性がある」ではなく

「打たれるべき出る杭」だと、

思ってしまった。

 

打たれれば、まだいい。

疎まれて、抜かれて、

捨てられてしまうのがとても怖い。

 

前に進んでるつもり、で、

あの頃となんにも変わってない。

ほんとになんにも変わってない、なあ。

 

こんな弱音を発信することで、

もしかしたらまた、

自分を守ろうとしてるのかも。ださい。

 

だから私は、

ヤギから羊になっちゃったんだろう。

 

悔しいなあ、悔しい、

どうしたら人を信じられるのかな。

どう努力したら、そこに近づけるのかな。

壁も盾も、モコモコの毛も

 

ほんとはいらないのに。

 

そして今日も、ヤギになる夢を見る。

猫を、撮る。

NHKのプロフェッショナル、

仕事の流儀 猫スペシャル。

 

動物写真家の、岩合さん。

 

f:id:lifecatmami:20170602010850j:image

 

途中からたまたま見たのですが、

写真を撮る姿勢、

だけじゃなくて

生き方がとても尊大だなと感じました。

 

一番大切なのは、

相手を受け入れること。

 

こちらのイメージを押し付けても

絶対動物はそれを返してはくれない。

それはもちろん、人間も同じ。

 

違いを受け止め、受け入れる。

 

とてもシンプルで

頭ではよくわかっていること。

だけど、なかなか出来ないこと。


f:id:lifecatmami:20170602011208j:image

 

そして、

イメージの押しつけではなく、

そこにある日々の営みを

撮るようになった岩合さん。

 

日々の営みにこそ、

美しさがある。

 

特にこの写真は、

初めてライオンどうしの殺し合い?

を切り取ったと高く評価されたそう。


f:id:lifecatmami:20170602012112j:image

 

それはきっと今まで多くの人が、

ライオンが草食動物を食べる図を撮る

そんなイメージの押しつけの写真しか

取ってこなかったことを

表してるのではないかと思う。

 


f:id:lifecatmami:20170602012440j:image

 

そして、人間も自然の一部。

 

当たり前のことを、

頭でわかるのではなくて、

全身で感じて、

受け入れて生きている。

 

そんな印象をうけた。

 

私も素敵な写真をたくさんとろう。

ありふれた世界を切り取ろう。

 

自然の一部として生きていけるように

これからも精進を続けていきます。

 

f:id:lifecatmami:20170602012649j:image

 

そして、猫が撮りたい。

 

 

 

 

どうせ死ぬなら、

 

正直、

社会のせいで、他人のせいなら、

私は死なないよって思う。 

誰かのせいにしてるうちは、楽だもの。

 

もちろん、そういうふうに捉えた上で

自殺に踏み切る人もいる、とは思う。

ものさしは、人それぞれ。

 

私が自殺したいと思った時は、

 

『誰のせい』

 

とか、本当にどうでもよくて、

誰かの理不尽のせいかもしれないし、

自分のせいなのかもしれない、

 

ただ、ただただ辛い。

 

両親を悲しませたくないとか、

こんな弱い自分はダサいとか、

変なプライドとか、

 

そんな目に見えないもののせいで

苦痛をひとりで背負っちゃって

全てを投げ出したくなる。

痛みから、逃れたくなる。

 

私が死ななかったのは、

 

『自分が痛みから逃れること』より、

 

『自分の死で誰かを悲しませたくない』

『自殺したことで

   可哀想な子だと思われたくない』

 

そんな思い。

 

自分に死を考えさせたのも

自分を生きさせたのも

ちっぽけなプライドと、誰かの愛情。

そして、誰かへの愛情。

 

それらはほんとに、紙一重。

 

だから私は自殺したい人には、

ちょっと捉え方を変えて欲しいなって思うし、

苦しみから逃げるのに

死ぬ以外の選択肢を

見つけて欲しいなって思う。

 

生きるのも死ぬのも、

どうせダサいんだから。

 

かっこ悪い死に方するなら、

もっと逃げていいから、

「かっこ悪く生きてこうぜ」って。

 

 

http://hirokimochizuki.hatenablog.com/entry/you.didnt.build.that

 

 

上のリンクを読んで、感じたこと、

 

というか、私の自殺に対する考えでした。

lost my way

2週間ヨルダンいってました。

 

帰ってきてその夜に体調くずして

丸1日半くらい寝込んでて

 

ベッドでなんとなく考えたこと。

 

 

【 【  夢がないと、動けない。】】

 

 

怠け者だし、ネガティブだし、

自分に自信もなければ

人を信じることもすごく苦手。

 

すこし前まで

自分のモットーとして

「いつ死んでも後悔しないように今を生きる」

を掲げてたけど、

たぶん本当は「いつ死んでもいい」

と思っていたんだと思う。

 

そんな私が少しでも前に進むために、

 

というより

そんな綺麗事ではなくて、

 

ただ、

大学受験をがんばれるために

大学で学びたいこと、

という目標をつくるために

 

 

【 無理矢理、「夢」をつくった。】

 

 

【 難民支援をすること 】

 

 

そしてその夢に向かって

様々なことに挑戦していく上で

 

自分がやりたいことは

それではない、ということがわかった。

 

おそらく、

自分より恵まれていない人を

ターゲットにすることで、

自分を慰めたかったんじゃないかな

って今になって思う。

 

とても弱い私はきっと、

無理矢理にでも

自己肯定をしていかなきゃ、

うまく自分を保つことが出来ない。

 

「私はhappyだから、

    みんなもhappyになってほしい」

 

その思いは嘘ではないけれど

 

「自分はhappyで、

     誰かのために頑張ってあげる

     手を差し伸べてあげる存在」

 

でありたかったのだ、と。

 

小さい頃から

家では「出来て当たり前」

出来なかったら同情され、

「本当のあなたはやればできる」

と言われ続け、

 

けれど外では

「出来ると僻まれる」

「出来ることを教えてあげると、 

    嫌なやつだと言われる」

 

出来ても出来なくても、

どちらかの世界で否定される。

 

だから、自分でしか、

自分を肯定することは出来ないからって、

常に自分を慰める術を

考えていたんじゃないかなって思う。

 

そして、認められたかったんだ。

 

けど、そんな取り繕った夢を

いつまでも夢にし続けることは

出来なかった。

 

元々海外に行くのはこわく

海外にいけばいくほど、

国民性の違い、

考え方や常識の違いの壁を感じたし、

海外は感動も刺激もあるけれど、

 

日本で生きていきたい、

と思った。

 

そして、私の周りで燻っている

身近な日本人に対して

アプローチをしたいな、

と感じる瞬間も増えてきていた。

 

また、難民に関しての

日本における支援だと、

政治的なものがとても絡んでくるけど、

そのために政治家や弁護士を

目指す覚悟は、そこにはなかった。

 

そして、いつしか彼らに対しての

モチベーションが

ひどく下がっていることに

気付かされてしまった。

 

 

【 何もせずに、夢を捨てるのか 】

 

今回、けじめをつけるために

実際にヨルダンに

難民に会いに行ってきた。

 

 

大したことをしていないのに、

夢を諦める、

捨てるという行為をするのが

悔しかったし、

 

それはもしかしたら

ターゲットと

直にあまり会えてないから

ただモチベーションが

下がってるだけかもしれないし、

このまま諦めるのはもったいない、

 

そんな、全然綺麗じゃない思いで

 

 

【 難民に会いに行ってきた。】

 

 

この2週間の渡航に関しては、

別の機会にまた書こうと思う。

 

少しだけ言うと、

 

教育に関しては、

まだ多くの問題を抱えていたけれど、

ヨルダンにおける

難民のキャンプでの生活は

以前ほど劣悪な環境でもなくなり

安定してきているように見えた。

(というか、そう聞いた)

 

キャンプ外でも

やはり教育には問題が多かったが、

あとは結局は

個人個人の問題が多いように感じた。

 

もちろん、そう思える生活があるのは

今の支援があるからであり、

「だから放っておいて良い」わけでは

全然ない。

 

まだまだ、支援は必要だ。

 

まあでも、

やはり2週間では

本当に少ししか見ることが出来ず

もどかしい思いもあった。

 

 

【 全然、happyじゃなかった 】

 

ただ、今回一番感じたのは、

海外で1人ですごすのは

私にとってはとてもストレスで、

「辛い」ということ。

 

今までも、1日や2日なら、

海外で一人で行動する機会はあった。

その短い時間でも、

とてもストレスで疲れてしまった。

 

けれど、今回は2週間。

それでも、たったの2週間だけど、

 

私にとってはとてもストレスで

 

精神的な疲労がとてつもなくて、

中高の頃に精神の不安定から来てた

「引きこもりたい症候群」が

数年ぶりに再発した。

 

自分がhappyじゃなくなると、

自分に余裕がなくなると、

 

「誰かのために頑張ろう」

 

「救ってあげたい」

 

なんて余裕だってなくなってくる。

 

2週間でこれなら、

将来的に仕事で海外に滞在、

というのもとても難しい話。

 

 

今までも、

できれば日本にいたいなあ。

って思っていたけれど、

その想いがとても強くなった。

 

そして、やはり私は

【 日本人に対して

  アプローチしていこう】と思った。

 

燻っていて、

毎日を退屈に感じている

そんな日本人にもっと

日常にキラキラを届けたい。

キラキラ見いだせる人を増やしたい。

 

まだ、

夢と呼べるほどたいそれたものでも、

目標と呼べるほど具体的でもない。

 

ターゲットをしぼり、

たくさんの人と話して、話して、

手段を具現化して

ブラッシュアップしていかなくちゃ。

 

これが私のビジョン、

と公言して、

人を巻きこんでいけるように、

 

【夢があるから動いている】

 

そうやって、

ポジティブなアクティブな

自分になれるように

地に足をつけて

進んでいくしかないなあ。

 

ただまだ、

 

「どう動いたらいいかな」という段階。

 

とてもとても迷っているので、

ぜひみなさんのお力を貸してください。

 

ぜひ私を巻き込んでください。

ゆくゆくは、巻き込んでいきます。

 

そんな感じ。

 

とりあえず早く、

みんなに会いたいですね!

 

出会い

また、素敵な出会いがあった。

 

 

自分の力じゃない。

 

惹き付けたわけじゃない。

 

 

ただ、大切な人が、

 

大切な人たちを紹介してくれて、

 

私の頑張りたいことに

関わりそうな人を紹介してくれて、

 

ほんとうにほんとうに、

 

ありがたいなあ。

 

 

って思うし、

 

私のことを信用して、

 

紹介してくれる。

 

 

 

なんか、

 

自分の力で

作り出した出会いじゃないかもしれない、

 

けど、

 

そうやって誰かが

「この人になら紹介してもいい」

「この人のために紹介したい」

 

そうやって思ってもらえる人間に、

 

少しだけでも、

なれているというのがほんとうに嬉しい。

 

 

自分のやっていることには

自身を持っているけれど、

 

自分自身には自信をなかなか、

 

持つことが出来ない私が、

 

 

勇気づけられること、

自身を持てること、

 

は、そんなこと。

 

 

とても嬉しいこと。

 

 

「出会えてよかった」  

 

し、

 

 

「出会えてよかった」

 

と思われる人間になれるように

きちんと生きていこう。

 

 

 
f:id:lifecatmami:20170502225149j:image