とうめいなうた。

日常をキラキラに。みんながはっぴーな世界を愚直に夢見て、今日も生きてます。

宗教ってモノ~happyになるための知恵!?

 

宗教に対する偏見が多い日本。

 

とってももったいないなぁ、

と思ったので

4年間宗教を勉強してきた私の考えを

バーーーーーって書いてみました。

 

長いけど、ぜひ暇な時に一読ください🐼

 

*****************

 

多くの日本人は、

「宗教」という言葉を嫌う。

それをとても

危険なもののように扱う。

 

けど、

 

『幸せになる』ために生まれたのが宗教。

 

『人を幸せにする』ために

                    存在してるのが、宗教。

 

たしかにかつて日本では

地下鉄サリン事件のように

宗教団体を称する団体によって

多くの被害者が出た。

 

今も、ISISが

さまざまな事件を起こしている。

多くの人が、殺されたりしている。

 

〖 では、彼らは悪なのか? 〗

 

***

 

地下鉄サリン事件を起こした

オウム真理教」は、

古代ヨガ、ヒンズー教諸派大乗仏教

背景とした教義をひろめ、

儀式行事をおこない、信徒を教化育成し、

すべての生き物を輪廻の苦しみから

救済することを最終目標としている。

 

そしてその信仰者の多くは、

バブルの時代に違和感を感じ、

世の中に馴染めなかった

マイノリティーたちだ。

 

オウム真理教は、彼らの心を救った。

 

その証拠に、出家者は1700人、

当時日本には1万人、

実はロシアには35000人もの信者がいた。

 

けれど教祖や

彼を囲む幹部たちが、

人の欲望に負けてしまった、それが

あんな悲劇を起こしてしまったのかな、

 

って

 

それが、

ドキュメンタリーとか見てたり、

実際にオウム真理教の残留の

宗教団体に所属してた人の話を

きいたりしていて、

 

思うこと。

 

***

 

宗教は人を幸せにするために

存在しているけれど、

信仰するのは人だ。

伝えるのも人。

 

弱くて脆い、人間だ。

 

***

 

私は大学で

「宗教学」のゼミにも所属したり、

授業では神道儒教、仏教、

イスラム教について勉強したし、

 

インドから講演会に来た僧に

ヒンドゥー教の教えについても

お話を伺ったりしてきた。

 

さらに

フィリピンやメキシコでは

実際にキリスト教を信仰する人の考えに

間近で触れる機会もあった。

 

その結果、生まれたのは、

 

『宗教信仰したら、happyじゃん!』

『めっちゃ幸福度あがりそう!』

『信仰ってすごい』

『私も信者になりたい!』

 

そんな、ポジティブな感情。

 

だから私は

宗教自体は善か悪かと問われれば

「善」だと思う。

 

だって、

人をhappyにしようとしてる。

 

生きるって

マニュアルなんてないし、

みんな不安で不安で仕方がないから

そんな人たちが

前を向いて生きていけるように、

 

「これをしてれば来世は幸せになるよ」

「良い行いをすると救われるよ」

「自分の弱さに勝てば、

     悩みなんてなくなるよ」

 

っていう

一種のマニュアルみたいなものを

提示してるのが

宗教なんだと思うんです。

 

***

 

じゃあなんで宗教によって

犯罪が起きるかっていうと

 

〇教えがどんなによくても、

    信仰するのも、

    解釈し教えを広めるのもただの人間。

 

    どうしても解釈に差が出てきちゃうし、

    勝手な解釈を広めちゃう人もいる。

    信仰する人が善人だけとは限らない。

   (全ての人間の中に

    善と悪(※下記参照)があるからね)

 

あるいは、

 

〇その教えを尊重しすぎて

    「みんな信じるべき!!!!」

    「信じてないのもったいない!」

    っていう思いが強くなりすぎて

     強制的な手段で伝えようとしまったり、

     信じてない人を批判・非難してしまう。

 

っていうことなんだと思う。

 

これを読んでるあなたも、

好きなアイドルグループの推しメンに対して

「いや私は好きじゃない」

「この人の方が絶対かっこいい」

って言われたら、

 

魅力をつたえようとするか、

むきゃー!ってなって、

相手を否定・非難してしまうと思う。

 

それと似ている感覚だと

思ってもらえればいいんじゃないかな。

 

***

 

何が言いたいかって言うと、

信仰だけで線引きしないでほしいし、

宗教ってだけで

悪いものだと思わないで欲しい。

 

信仰している人も宗教の教え自体も、

とっても素敵なものが多いし、

私たちが参考にできる考えも、

とってもいっぱいある!!!

 

結局宗教って、

先人から受け継がれてきた知恵!

 

happyに生きるための知恵なんです!

 

***

 

以上、私の考えでした。

 

 

※善と悪、と書きましたが、

善とは見返りを求めない愛や

誰かの喜びのためこの行動や思いで、

悪とは他者をマイナスな意味で巻き込むような

自己中心的な欲求に 

打ち負ける弱さのことだと思っています。

夢も、勇気も、

ある友人の心の広さに、

自分の器の小ささに、

 

泣いてしまった帰り道。

 

むかつくけど、

私のなりたかった姿を

具現化したような、

尊敬と憧れの存在の、彼。

 

どうしたら彼のような

本質的な行動ができるのだろう。

ほんとうにむかつく。

 

むかつくのは、悔しいから。

 

自分が不甲斐ないから。

 

かなわないから、だ。

 

****

 

私はいつだって

弱くて弱くて勇気のない自分を

ほんとうはなんにもできない自分を

知られるのが怖くて

失望されるのが本当に怖くて

怖くて、怖くて、

 

強がって生きてる。

 

虎の威を借る狐、

 

になろうとしてる。

…なれてないけどさ。

 

だからそれっぽいことして

せめて自尊心をもてる自分でいようと

「自分悪くないじゃん」

「むしろいいじゃん 」

そう思えるように

取り繕うので精一杯。

 

取り繕って、

なんか自分ができる人に

ちょっとだけなれた気がして

でも現実は違うから

とてもとても悲しい気持ちになる。

 

どうにかして

自分の生きてく価値をつくりたい。

 

けど自分を幸せにするので精一杯。

 

****

 

今さっき、

夢を叶えた人のブログを読んだ。

 

そういう前向きなものを見た時に

ワクワクするんじゃなくって

後ろめたくなる自分がいる。

 

彼は夢を追えたのか、強いなあ。

 

夢を追う勇気がある彼が

羨ましいとかじゃなくって

別世界の人に思えてしまう。

 

なんかこんな感じのこと

前にも書いた気がするなあ。

 

けど、夢を追う勇気がない自分が

とてつもなく嫌で

でも今だって勇気がない。

 

夢が欲しい、というのも

笑っちゃうくらい、

駄々っ子みたいな主張。

前に進もうとして、

後ずさりしてる気しかしない。

 

1歩ずつ地道に歩んでいこう、

と言われてもどこに進めばいいのか。

何をどう頑張ればいいの?

と今日もマニュアルをほしがる。

 

なんで自分が足踏みしてるのか、

自己分析してみても

よくわからない。

 

****

 

ふと思えば

物心ついた頃から、

「変わった子だね」と言われてた。

 

今になって振り返ってみても

別に対して変わってたわけでは

なくって、

男の子の遊びが好きな女の子って

それくらいだったし、

 

他の子と違う行動をしてたのは

認められたかったというのも大きい。

 

その結果、怒られて否定された。

幼稚園とか小学校低学年の話。

高学年になった頃には、

目立つ勇気すらなかった。

 

やりたいことをやる、というのは

わたしにとって否定される行為だった。

 

けどそれは過去の話、

今は違う。

そう頭ではわかっているのに、なあ。

 

****

 

とはいえ、

そうやって自分ばかり見ないで、

 

もっと他人本位になって

そのに目を向けてけば

価値を与えることを注力してみたら

いいんだろうな、とも思う。

 

そうやってぐるぐるしてるのは

いつまでも自分に目を向けてるから。

 

けど理屈だけじゃ

なかなか感情を動かせない。

思考と行動を変えるしかない。

 

うーん。

 

生きるって難しいなぁ。

夢も勇気も、愛さえも、

持ちたくってもなかなか持てない。

 

それでも私の人生は続いてくし、

立ち止まろうとしても

立ち止まらせてはくれないから、

 

なあ。

 

ゆらり、ゆらりと帰り道。

ゆらりゆらりと揺らされすぎて、

ひとつ先の駅で目を覚ます。

 

(また、やっちゃった…)

 

けれど今日はその行為に

あまり後悔をしていない。

どこか清々しいような気持ち。

 

コンビニエンスストア

アイスバーを買って、

軽やかな足取りで家路についた。

 

ちら、ほら、

 

寝過ごし仲間を横目に見ながら

 

冷たい帰り道の冷たいアイスは

とても最高だと思うのに

共感をしてくれる人は

指折りで数えられてしまう。

 

***

 

耳から流れる音楽に

踊りたいような気持ち。

 

ため息から、歌詞が零れる。

 

手の甲を、頬を、耳朶を、

ひんやりとした風が撫でていく。

ほぉっと息を吐くと、

白く染まって消えた。

 

鼻から息を吸うを、

静かに冷たい空気が

通っていくのがわかる。

 

公園の奥を、

静かに無人の電車が滑っていくのが、

美しい、と感じた。

 

そして目を天に向けると、

群青色の空が世界を包んでて、

足元では街灯に翻弄された影が

追い抜いては追いかけてくる。

 

…まるで、遊んでるみたい。

 

***

 

街灯の下で立ち止まり、

目を瞑ると、

暗闇と静寂に包まれ

私しかいない世界。

 

…ではない。

 

寂しがり屋の音たちが

私にいたずらに声をかけては、

孤独を邪魔しに来る。

 

通りかかった川のそばに腰掛け

流水の音に身を任せると

不思議で偉大な何かに

包まれているかのような気持ち。

 

きっとこれは、

日本人が古来から崇める[神]とかいう、

それかもしれない。

 

ふと、洪水が襲いかかってくる音に

慌てて目を開けると、

通り過ぎていくタクシー。

タクシーの走る音がこんなにも

恐ろしい音に聞こえるとは

思いもしなかった。 

 

深夜の、新しい発見。

 

発見は、たのしい。

 

補修でもしているのか、

小さい頃からあるマンションが

足組に覆われ、なんとも

現代アートみたいになってたり、

 

少し歩くと目の前には

陽気なおばちゃんやお兄さん。

少し先の居酒屋から出てきたようで

黄色いタクシーに

別の兄ちゃんを詰め込んでる。

 

「もう1回戻ってきてちょうだい」

「全然いいですよ」

 

とりとめもない、

けれどどこかほっこりする会話を

タクシーの運転手と交わしている。

 

開けっぱなしの引き戸から

お店の中を覗き込むと、

まだまだ5,6人のお客さん。

 

常連さんかな、

 

カウンターしかなくて

少し小汚い店内。

おしくらまんじゅうのような

押し込まれたイスたち。

 

そのまんま店内に

吸い寄せられたくなってしまうのを

後ろ髪引かれる思いで通り過ぎ、

(今度来よう)と決心。

 

いつか私も大きくなったら

どこかの小さな居酒屋の常連になって

カウンターで店主や客と

笑い合うのだ、と思う。

 

***

 

落ち葉は風にたたき起こされて

妖精のように走ってく。

 

なびく木々は、

やはり少し恐ろしく厳か。

自然は、本当に尊大。

 

恐ろしくて、美しくて、尊大。

 

そして、そう感じられる私は

幸せだなあ、と思う。

五感で、生きることを感じれている。

それはとても尊いこと。

 

***

 

そうしているうちに、家に着く。

 

そんなある日の、帰り道。

 

手の中の残り2%




「あ、あと2%」

 

まみっこあるある、のひとつです。

すぐにスマホの電源が切れる。

SNSが好きなのと、

そもそもスマホが古いくて

すぐに電池が減ってしまいます。

 

そこで、残り2%で急いで

電源カフェを検索。

 

文字の羅列の中にあった

 

「森の図書室」

 

その名前に惹かれ、

金欠にもか変わらず行ってみることに。

 

着く前に電源が切れてしまったので、

一瞬見た地図で覚えていた

だいたいのところについてからは、

周りの建物を見ながら探す。

 

こうやって地道に探す、

意外とワクワクする

 

と言うのはとても久しぶり。

 

スマホから少し離れると

忘れていた記憶を思い出す。

新しい発見もする。

 

スマホばかり見て下ばかり見てると

張り巡らされるネットワークで

世界が広がるように見えて

世界がだいぶ狭くなっているのを

気付かされる。

 

「じゃあスマホって悪いもの?」

「ない方がいい?」

 

と思う人もいるかもしれない。

実は私も、スマホに対して

結構マイナスな感情も多かった。

 

下に貼ったのは

子供向けのワークショップでつくった

パワーポイント。


f:id:lifecatmami:20171109154220j:image

f:id:lifecatmami:20171109154240j:image
f:id:lifecatmami:20171109154300j:image
f:id:lifecatmami:20171109154537j:image
f:id:lifecatmami:20171109154626j:image
f:id:lifecatmami:20171109154640j:image

f:id:lifecatmami:20171109154717j:image
f:id:lifecatmami:20171109154700j:image
f:id:lifecatmami:20171109154907j:image

f:id:lifecatmami:20171109154844j:image

f:id:lifecatmami:20171109154947j:image

そんなこんな、これも含めて、

スマホに向き合う機会が多い私。

 

最近の私が感じるのは

[スマホがあるから]

ない時の発見は大きい。

 

ないことが、

それが当たり前ならまたそれはそれで

「当たり前」を「当たり前」と

気づかずにながしてしまう人

見逃してしまう人が多いのも

知ってるので

 

どっちもどっちだなぁ、

 

うーん、

 

ってなっちゃう。

 

 

そんなわけで、

目的地にたどりつく。

 

見つからないから無理かなあ

と思った矢先に、

 

「わ、あった!」

 

Googleマップでたどり着くより、

全然嬉しいですね(笑)

 

お店はとってもわくわくする

 素敵なお店でした。

 
f:id:lifecatmami:20171112111200j:image

 

初めてのお酒を二種類飲みました。

紅茶のお酒のミルク割、と、

スロージンというストロベリー系のお酒。


f:id:lifecatmami:20171112111239j:image

 

こういう空間との出会いが、

私の生きがいだったり

幸せだなぁと感じています。

 

ぜひ気になる人は行ってみてください!

 

子供とかかわる

「子供から学べること」って

なにがあるんだろう?と思ってた私。

 

KIDNESS ( https://www.facebook.com/Kidness.edison/ )の活動を始めてみて最近感じているのは

 

「子供の発想がおもしろい!」

 

というより、

 

子供も大人もおもしろい発想ができるのに

 

大人は声に出す前に、

「現実的じゃないかも」「微妙かも」

「周りから批判されるかも」

そんなことを無意識に考えてしまい、

自分の中で消してしまっているということ。

 

そして、

 

私も、そんな大人の1人。

 

だから、ミーティングのときにも

(これは+αの意見だから

  必要か不必要でいえば不必要でしょ)

と、自分の意見を留めていました。

 

でもこのことに気づいて、

くだらなくっても自分の意見を

口に出すように、って心がけてみたら

 

「そのアイデアおもしろいね!」

 

さっそく採用されたり、

ミーティングの生産性もあがり、

私自身もとってもすっきりしました。

 

あなたの意見の価値を、

あなたの中だけで完結させないでください。

もしかしたら

本当に必要のない意見かもしれないけれど、

もしかしたらとっても素晴らしい意見かも!

誰かを助けたり、笑顔に出来るかも!

 

あなたの意見は、

あなたにしか思いつかないのだから

もっと大切にしてあげてください。

 

では!

コアラの鼻


f:id:lifecatmami:20171031004621j:image

 

ところで、コアラの鼻って不思議。

by the way, the koara's nose is strange!

 

我ながら、わけわからないツイート。

 

けれど、こういうわけのわからない

ささいなことに気づくって、

とってもとっても面白いです。

 

自分のツイートなのに、

「たしかに!コアラの鼻って不思議!」 

って思ってしまいたした…笑

 

けれど、何故英語をつけた!?!?笑笑

 

他にも、


f:id:lifecatmami:20171031004755j:image

 

盗み飲み、の割には堂々としてる。

 

盗み飲みしてるところだよ、じゃないよ!笑

わけわかんない!!笑

ってツッコミたくなる。

 

自分のツイートを振り返ると

「ほんとに馬鹿みたいな発想」

「平和なあたまをしてるなあ」

と、つよくかんじます。


f:id:lifecatmami:20171031004901j:image

 

卑弥呼は、つよそう、らしい。

 

こういう日常のどうでもいい、くだらない、

特別じゃない日の

特別じゃない1ページに

スポットライトを当てまくる、

 

そんな人になりたいし、

そうやってあり続けたいなあ。

 

そう思った、今日このごろ。

 

それにしても


f:id:lifecatmami:20171031005148j:image

 
f:id:lifecatmami:20171031005256j:image


f:id:lifecatmami:20171031005205j:image

 

動物が出てくるものばかり。

 

自分のアニマル好き感が露呈してて

ちょっとはずかしいような。

お金で幸せを買う。

 

「お金で幸せが買える」

 

というのは、

お話の中の性格の悪い貴族や王様の、

台詞なのかもしれません。

 

けれど、私は実際にそう思います。

 

***

 

「お金で幸せは買える」

 

***

 

 今日は朝から贅沢をしました。

 

と、いうのも、今日は入っている団体の

活動(勉強会みたいな)があったのですが

最近キャパオーバー気味で

疲れを溜めに溜め、寝坊をしてしまいました。

(ほんとは一度目を覚ましたけれど

体がどうにも重くて…)

 

あわてて家を出たけれど

コンテンツ的に途中参加はあまり意味がない

ということになり

急遽、次の予定まで空きが。

 

f:id:lifecatmami:20171014114315j:image

 

急いで家を出て

ご飯を食べてなかったので

ヒカリエに寄って

300円のこぶしより小さいハンバーガーと、

300円のマンゴースムージー。

 

チーズバーガーはちっちゃいのに、

ハンバーグから肉汁もでてきて

とてもしっかりとした味でした。

おいしかった。

 

スムージーも、

日本の多くのスムージー屋さんは

頼まれる度に氷入れてガーってするから

海外で飲むそれに比べて、

「ちょっと薄くない?」

と思うことが多いのですが

ちゃんと果肉を使ってるんだろうなぁ

としっかりとした味で飲みごたえもグッド。

 

その後、

電車の冷房で体が少し冷えてしまってたので

「あったかい珈琲が飲みたいなあ」

と、『ヒカリエ コーヒー』で検索。

 

普段は足を伸ばし

セブンの100円コーヒーを

買いに行くところですが

先ほど言ってように体から疲れが抜けず、

歩きたくないし、

 

そこでふと思い出したのです。

 

「疲れたりストレスが溜まった時、

    私にとっていちばんの癒しって

   カフェでのんびりすることじゃん!」

 

日常に追われていると、

体だけじゃなくて脳や心も疲れてるので

 

どうしたら自分は

ストレス発散できるんだっけ?とか

 

そういうところを考える余裕すら、

なくなってしまうのだなぁ、

だから冷静な判断ができなくって

病んじゃう人が多いんだなぁ、

こわいなぁ、

という新しい発見をしました。

 

そしてヒカリエ1階にあったカフェで

レーズンのスコーンと

ブレンドコーヒーのセットを。

こちらは650円。

 

f:id:lifecatmami:20171014114356j:image

 

このスコーンが、

ほんとに美味しくって

うっかり(おかわりしようかな)と

思ってしまいました。

 

これが、私の幸せだって

胸を張って言える美味しさ。

 

でもうまく食レポできないので、

修行して出直してきます。

 

***

 

そして思いました。

 

「東京に住んでて、1日1000円使えれば

私は私にとっての幸せが買えるんだな」

 

1日1000円。

 

1ヶ月、30000円。

 

安いところを探せば

5万円でアパートが借りれて

食費が約2万円。

光熱費はよくわからないけど

雑費諸々こんでも、

ひと月に15万円も稼げれば

私は毎日の自分を幸せにしていける。

 

もちろん、

お金があれば友達はいらないとか

そういう話じゃないけれど、

 

お金で幸せって、買うことが出来る。

 

それは少し寂しいけど

とてもシンプルな結論。

 

***

 

だからこそ、少し怖いと思ってしまう。

 

世界を平和に少しでも近づけるために、

まず日常の小さな幸せを感じられる人を

ひとりでも増やしたい、

そのために私の人生を使いたい

と思っているけれど

 

正直ある程度興味もてるものならば

どんな仕事をしても

私は楽しめる自信があるし

自分を幸せにしてく自信もある。

 

ので、

そこで甘んじてしまいそう。

と、怖くなる。

 

だってそっちの方がきっと

求められたことをしていればいいので

気持ちが楽だもの。

 

現時点で可視化できる形で

求められていないものを

「私は価値だと思う」

と生み出していくのは、

心理的な不安がおっきい。

 

***

 

とはいえ、

 

弱音はいてる場合じゃない!

 

かもしれないけど

私は思うんだよね、弱音はいてるのは

前に進もうとしてる証なんじゃないかって。

だってそれは、

言い訳でと開き直りでもないから。

 

だからね、

 

弱音吐きながら、

幸せをポケットマネーで買いながら

一緒に前に進んでいきましょう。