とうめいなうた。

日常をキラキラに。みんながはっぴーな世界を愚直に夢見て、今日も生きてます。

倍率 1000倍

【2万人のうち、たった20人】
【倍率、1000倍】 

 

さて、なんの数字だと思いますか?

 

かの人気な早稲田大学
人気な学部でさえ倍率30倍とかなのに
(それでも十分すごい…)
倍率1000倍て、わけわかんないですよね。

 

 

実はこれは、
《2017年に日本で認定された難民の数》。

申請者2万人に対して、たった20人。

 

あとの人はお金を稼げず
新宿の路上で寝たりと
ホームレスのような生活を送ったり、
命の危険があって逃げてきたはずの母国に
強制送還されたり。

 

難民が収容されてる施設では、
朝に体調不良を訴えたらあしらわれ、
夕方には病気で死んでた!
なんてケースまであります。 

 

私たちの暮らしの裏側で
とても多くの人が悲しい思いをしています。 

 

*** 

 

そもそも難民とは、
紛争とか差別とかそんな理由で
命をおびやかされてる人のことです。

 

そういう人たちは、
命からがら逃げてくるので
もちろん、
パスポートやらいろんな書類を
丁寧にパッキングしてる余裕なんてなくて

 

けれど日本の難民認定してる場所では
「書類を出せ」
「難民という証拠はあるのか」
と言われてしまいます。

 

【なぜ??】 

 

難民認定をしてる人たちの言い分では、
難民申請者の大半は「偽装難民」、
つまり難民じゃなくて日本で働きたいから
難民のふりして申請している人で、

 

だから、
「認定数が少ないのは問題ない!」のだそう。

 

本当に偽装難民ばかりなの?? 

 

⇒ 参考記事/ https://www.refugee.or.jp/jar/report/2018/02/13-0002.shtml?utm_source=JAR便り&utm_campaign=dc14f1092e-EMAIL_CAMPAIGN_2018_02_15&utm_medium=email&utm_term=0_f7a465752b-dc14f1092e-79176505 

 

たしかに、
そういう人たちが
ちょっぴりいることは事実かもしれない。


けど、それはあくまで一握り。

なのに、
偽者をいかに取り締まるか?
という視点ばかりに注力されてて

難民として保護されるべき人たちを
そもそも救えていない制度への問題意識が
薄まっちゃっていることは大きな問題です。

 

日本に暮らしている1人として、
とても悲しいし、
やるせない気持ちになりますよね。

 

***

 

では、私たちに何ができるのでしょうか???

 

まずは難民について知ってほしいです😊
ぜひ、ぐぐってみてください。

 

そして、
頭に布を巻いた女性を見たときや、
顔の濃い外国人男性を見たとき、
受け入れてあげてください。

 

特に、
しゃべってみるとわかるけど、
彼らも普通に優しい人だし
話もそれなりに面白いので!!!!


それが国際交流は平和への第一歩!!!!